2019イオントップバリュのボージョレヌーボー4種飲み比べ

本日11月21日はボージョレヌーボの解禁日です。

事前の報道では、ここ数年と同じ良い品質のブドウが収穫できたので、ワインの出来もいいと言われています。

早速、近所のイオンへ行って4種のボージョレヌーボを買って飲み比べてみました。

ただ、すいませんがすぐに沢山飲んでしまったので、写真をとるのを忘れてしまいました。したがってワインの色は評価していません。

①トップバリュ ボージョレ・ヌーボー テラ・ヴィテス750ml

 価格:968円(税込み)

商品説明には「タンニンが少なめで丸みのある味わい。程よい酸味がフレッシュ感をもたらしてくれます」とあります。

・香り:アルコール臭もなく、華やかな若い香りです。
・ファーストインプレッション:さっぱりして軽い口当たりで酸味は感じられません。
・セカンドインプレッション:金属的(鉛のような)後味が口の中に残ります。

総評:軽くてがぶがぶ飲むワイン。このワインは賞味期限がラベルの裏に記載されています。

 

②トップバリュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー テラヴィテス 750ml

価格:1,298円(税込み)

商品説明には「フレッシュな果実味あふれる味わいに、より強いタンニンが深みをかんじさせます」とあります。

・香り:アルコール臭もなく、先ほどのヌーボより華やかな香りがします。
・ファーストインプレッション:さっぱりして軽い口当たりでバランスが取れています。
・セカンドインプレッション:少しだけ金属的な後味がします

総評:軽すぎて物足りないし、酸味とタンニンは感じられませんでした。このワインも賞味期限がラベルの裏に記載されています。

 

③オリビィエ・ラヴィエボージョレ・ヌーボーBIO 750ml

価格:1,628円(税込み)


「オリビィエ・ラヴィエ氏による有機ブドウ100%使用のヌーボで赤いベリー系の果実を感じさせてくれるアロマが特徴のワインです」となっています。

・香り:確かに酸味を感じさせる果実の華やかな香りがあり今までとはレベルが違います。
・ファーストインプレッション:酸味とタンニンのバランスが取れていてやや軽い口当たりです。
・セカンドインプレッション:後味もすっきりしていてバランスが取れているワイン

総評:2,000円以下でこの味ならいいと思います。グラス2杯頂きました。

 

④シャトー・ド・ラリ・ゴディエルボージョレヌーボー 750ml

価格:2,288円(税込み)

トロフェリヨンボジョレーヌーボーコンクールで金賞受賞ということで買ってみました。商品コメントは「ブラックカラント、芍薬、スミレなどの複雑で多様な芳香が広がります」と書いてあります。

・香り:今までの3品とは明らかに違う、少し重い花の香りです。
・ファーストインプレッション:酸味とタンニンをやや強く感じます。さっぱりして軽い口当たり
・セカンドインプレッション:後味は軽くやや飲みごたえがあるワインでした。

総評:価格が高いだけあって、おいしいワインです。こちらも2杯飲んで保存します。
明日どのような味になっているか少し楽しみです。

2日後に飲んだら、少しカドがとれてまろやかになっていました。

オマケ

2020年1月でも、在庫があるお店では特売しているようです。

まとめ買い(2本単位)で買うと激安になっています。

ただし、店舗により取り扱い商品と価格が違うようです。

店舗によってはフィリップ・パカレのボジョレープリムールを激安販売しています。(2020年1月15日現在)

プリムールについてはこちらの記事で書いています。

ボジョレー ヌーヴォは3つの超お得な方法で買いましょう。
普通にいつも行っているコンビニやスーパーでボジョレー ヌーヴォを買おうとしていませんか?ただ、今年から超お得になる3つの方法がありますので、チョットだけ時間をください。それは今年、初めて日本開催するAmazonブラックフライデーの事です。2

ちなみに私は買って飲みました。

 

今年飲んだボジョレーヌーボーのなかでこの、フィリップパカレとルイジャドのプリムールが一番バランスが取れていて美味しかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました