2022輸入量減で値上と売切必至!イオン直輸入ボジョレーヌーボ

2022年のボージョレヌーボの解禁日は昨年より1日早い、11月17日(木)です。

値上げの要因

今年は、社会情勢によるヨーロッパの航空便迂回ルートの影響で、航空貨物数量制限や、航空便の運賃高騰してます。

上記の理由により輸入量は昨年の半分以下に激減し、価格昨年の倍近くになると予想されています。また、取り扱いアイテム数半分程度になりそうです。(輸入中止製品多数あり)

今年は解禁日を待って店頭で購入しようとしても上記の理由から、お気に入りヌーヴォー手に入れにくくなると予想されます。

昨年も解禁日前に数量限定のイオン早得プライス予約ヌーヴォーは、早々に売り切れていましたので、本年も昨年より早めに予約をすることを強くお勧めします。

昨年の売り切れランキングはこちらの記事で2021年売り切れランキング

icon

2022イオンボージョレーヌーボの詳細

今年のヌーヴォーは例年に比べ、昨年に比べ気温が高いのでブドウの糖度がアップしそうです。ただし、水不足による干ばつや、高温による木に病気等が発生するおそれもあり、予断は許しません。

そこで、今年もヌーヴォーの売切れ予想ランキングを昨年の実績から予想しました。

①オレンジワイン・ヌーヴォー

マーク・デュデ ヴァン・ド・フランス・ヌーヴォー(オレンジワイン)
icon icon
icon

2021年、新たに加わった、オレンジワインのヌーボです。

昨年は発表1か月後の9/28に一旦売り切れとなり、解禁の1か月以上前の10/12売り切れなりました。

2021の解禁日には店頭でも購入できませんでした。

②ノンフィルター ボージョレ・ ヴィラージュ・ヌーヴォー

カーヴ・デュ・シャトー・デ・ロージュ ボージョレ・ ヴィラージュ・ヌーヴォー ノンフィルター
iconicon
icon

2021年では早得では売り切れになりませんでしたが、店頭では一番最初に売り切れになったワインです。昨年飲んだ中では、お客様も含め、一番味わい深いワインでした。

③酸化防止剤無添加ヌーヴォー

シャトー・ド・プランティニー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
iconicon
icon

解禁の1か月前10/25に売り切れました。

2021の解禁日には、購入できる店舗が少しだけありましたが、すぐに売り切れ。

シャトー・ド・ラ・リゴディエル ボージョレ・ヌーヴォー・ロゼ

2021年真っ先に売り切れ予約終了となりましたが、今年の輸入はありませんでした。

輸入各社の事前情報

 

8/26現在、輸入各社の価格未発表が多いですが1本あたり昨年比1,000円以上の値上げとなりそうです。また、1,000円台で買えるヌーヴォーはハーフサイズ(375ml)になるかもしれませんね。

・イオン

2022年の商品情報発表になりました。

イオンボージョレ・ヌーボー2022最新情報

現在表示されている価格は早期予約(早得価格)ですので、予約期間が終了すると、通常価格になりますので、ご注意下さい。

・ジョルジュ デュブッフ ヌーヴォー(サントリー)

価格未発表

「ジョルジュ デュブッフ ヌーヴォー 2022」新発売
「ジョルジュ デュブッフ ヌーヴォー 2022」新発売。― 今年も、“年に一度、新酒の解禁を楽しむ”時間をお客様にお届け ―― 「ボジョレー ヌーヴォー」に加え、人気の「オレンジ ヌーヴォー」、南仏ぶどうを使用した新商品「ラ キュベ ヌーヴォー」を発売 ―

・エノテカ

価格未発表

速報!ボジョレー・ヌーヴォー2022年 | エノテカ - ワインの読み物
2022年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月17日(木)です。フランスから届いた2022年の最新情報をお届けします。今年のボジョレー・ヌーヴォーの作柄をチェックしてみてくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました